ガンプラ制作 --できる限り丁寧に-- たまにロードバイク

休日を利用してできる限り丁寧にガンプラを作成しています。MGが中心です。

ゲート跡処理1 ARM UNITS #9

ARM UNITパーツをゲート跡処理しました。

白い外装パーツはアンダーゲートが多く作業はかなり楽でした。

グレーのクリアーパーツは素組みのときにマスキングし、ウェザリングで汚れないようにします。

ゲート跡処理1 ARM UNITS

 

二度切り完了7 ランナーG/SB-B(クリアーブルー)、マーキングシール #8

タイトルは二度切り完了ですが、エフェクトパーツは完成までこのまま保管します。

今回のキットはマーキングシールになっていて、水転写デカールはありませんでした。

マーキングシールでウェザリングすると段差が気になってしまうので、ウェザリング準備で行う半光沢コーティングはいつも1回ですが、2、3回行おうと思います。

二度切り完了7 ランナーG/SB-B(クリアーブルー)、マーキングシール

 

二度切り完了6 ランナーF1/F2(レッド)/F3(メッキレッド)#7

ランナーF1/F2/F3を二度切りしました。 

赤いパーツは足のパーツだと思います。

ランナーAにあったグレーのクリアーパーツは、このメッキレッドのパーツを保護するためのものだと思います。

ランナーAのグレーのクリアーパーツをしっかりマスキングして、メッキレッドのパーツをウェザリングしても汚れないようにしたいと思います。

二度切り完了6 ランナーF1/F2(レッド)/F3(メッキレッド)

 

二度切り完了5 ランナーE(グレー)#6

ランナーEを二度切りしました。 

内部フレームやWEAPONSのパーツのようです。

かなりのパーツでアンダーゲートが採用されているので、このあとのゲート跡処理は楽そうです。

二度切り完了5 ランナーE(グレー)

 

二度切り完了4 ランナーD(グレー)#5

ランナーDを二度切りしました。 

内部フレームのパーツのようです。

部分塗装を考えながら作業を進めています。

フルメカニクスの制作は初めてですが、間接にポリキャップを使用しない以外はマスターグレードとさほど違いはないように思います。

二度切り完了4 ランナーD(グレー)①

二度切り完了4 ランナーD(グレー)②

 

二度切り完了3 ランナーC1/C2(ホワイト)#4

ランナーC1/C2を二度切りしました。 

腕や脚のパーツのようです。

デザイン的には最新ですが、全体的な色使いが昔ながらのガンダムなので安心感があります。

二度切り完了3 ランナーC1/C2(ホワイト)①

二度切り完了3 ランナーC1/C2(ホワイト)②



二度切り完了2 ランナーB(ホワイト)#3

ランナーBを二度切りしました。 

頭部やシールドのパーツのようです。

一つひとつのパーツがしっかりしているので、破損はしずらそうです。

前回のキットで大失敗しているので、破損しそうかどうかが非常にきになります。

二度切り完了2 ランナーB(ホワイト)