ガンプラ制作 --できる限り丁寧に-- たまにロードバイク

休日を利用してできる限り丁寧にガンプラを作成しています。MGが中心です。

スミ入れ4 LEG UNITS #26

LEG UNITSにスミ入れしました。 

スミ入れはうまくできたと思いますが、大腿部が太すぎるのがだんだん気になってきました。

バンダイさんのサイトでは気になりませんでしたが、ウエストが細すぎるし、大腿部が太すぎると思いますが、完成したら全体的なバランスが取れているか不安です。

スミ入れ4 LEG UNITS ①

スミ入れ4 LEG UNITS ②

 

スミ入れ3 HEAD UNIT #25

HEAD UNITにスミ入れしました。 

各UNITにスミ入れを行い、目視で確認した濃さと撮影後に確認した濃さでは違いますね。

目視だとだいぶ濃いですが、LEDライトを当てて撮影しているので、写真ではちょうどよい濃さに写っていると思います。

スミ入れ3 HEAD UNIT ①

スミ入れ3 HEAD UNIT ②

 

スミ入れ2 BODY UNIT #24

BODY UNITにスミ入れしました。 

バックパックを背負うと見えなくなってしまいますが、BODYの後ろ側にもスミ入れしました。

ガンダムマーカーのスミ入れペンのグレーはタミヤのスミ入れ塗料のブラックを少し薄めた感じの濃さです。

白いパーツに対してガンダムマーカーでスミ入れを行うと濃い感じですが、このあとウェザリングを行ってもスミ入れ塗料は消えずに残ってくれると思います。

青いパーツに対してのガンダムマーカーのスミ入れペンのグレーの濃度はちょうどよいと思います。

タミヤのスミ入れ塗料のグレーでスミ入れしたあと、ウェザリングを行うとすっかりスミ入れが上塗りされてしまい、スミ入れ効果がなくなってしまうことがあったのでこの濃さが良い結果になれば次回作でもガンダムマーカーを使おうと思います。

スミ入れ2 BODY UNIT ①

スミ入れ2 BODY UNIT ②

 

 

 

 

スミ入れ1 ARM UNITS #23

ARM UNITにスミ入れしました。 

前作はエナメル塗料の浸食によりパーツが破損してしまい完成できませんでした。

今回のキットはエナメル塗料は使わず、「ガンダムマーカー スミ入れセット」を購入しました。

パーツ色が、白・青はグレーでスミ入れし、赤・黄はブラウンで行い、グレーのパーツにはスミ入れしていません。

このあとのUNITでもこの手順で行います。

スミ入れ1 ARM UNITS

 

素組み7 ACTION BASE4 #22

ACTION BASE4を素組みしました。

説明書通り別売りの「ACTION BASE4」を購入し、組立てました。

キットに同封されている黒いACTION BASEの場合、スミ入れを行ったり、つや消しコーティングを行いますが、別売りのACTION BASEの場合クリア色を購入するので、スミ入れやつや消しコーティングは行わず、素組みのまま完成となります。

いつもの手順ではここで一旦素組みを完成させますが、このままスミ入れを行います。

いつもここで素組みを完成させる理由は、このあとの工程のスミ入れはよいのですが、そのあとの工程の水転写デカールを貼ったあとにいろいろ触るとデカールが破れたり、剥がれたりするのがいやでスミ入れの前に素組みを完成させていました。

今回のキットは水転写デカールではなく、マーキングシールなのでシールを貼ったあとに触っても破れたり、剥がれたりすることはないと思うので、このままスミ入れに進み、そのあと素組みを完成させる予定です。

素組み7 ACTION BASE4

 

素組み6 WEAPONS #21

WEAPONSを素組みしました。 

BEAM RIFLEのスコープは部分塗装したのがいい感じです。

ESCUTCHEON(SHIELD)は過去いちのパーツ数ですが、パーツがぐらつくことはなくしっかり組立てられました。

素組み6 WEAPONS ①

素組み6 WEAPONS ②

 

素組み5 WAIST UNIT #20

WAIST UNITを素組みしました。 

スカートがほとんどないし、ウェストが細すぎるので違和感があります。

ストライクフリーダムガンダムストライクガンダムνガンダムのスカートありの方がガンプラのイメージです。

素組み5 WAIST UNIT