ガンプラ製作 --できる限り丁寧に-- たまにロードバイク

休日晴れか曇りならロードバイク、雨ならガンプラ制作しています。

ウェザリング ドライブラシ4 LEG UNITS #65

LEG UNITSにドライブラシを行いました。 

写真にはありませんが、足の裏もクロームシルバーでしっかりドライブラシしました。

あともう少しです。最後の最後にCHEST UNITのマスキングテープを剥がすのが楽しみです。

ウェザリング ドライブラシ4 LEG UNITS

 

ウェザリング ドライブラシ3 ARM UNITS #64

ARM UNITSにドライブラシを行いました。 

前腕部分のパーツはスライドするのですが、ウォッシングとドライブラシでスライドしているうちに緩くなってしまいました。

ポージングで「ツインバスターライフル射撃ポーズ」をするつもりですが、そのあとは流し込み接着剤で固定するしかないと思います。

素組み完成で記載しましたが、「ネオバード形態」はDISPLAY BASEでディスプレイしようとするとどうしてもウィングガンダムが反ってしまいカッコ悪くなってしまうので、諦めています。それ以外はここまで大きな失敗もなく順調なのでこの調子で最後まで気を抜かず頑張ります。

ウェザリング ドライブラシ3 ARM UNITS

 

ウェザリング ドライブラシ2 HEAD UNIT #63

HEAD UNITにドライブラシを行いました。 

いい感じにできました。

側面のウィングは開いた状態でウォッシングとドライブラシを行いました。

側面のウィングパーツの凹凸ですが、凸の部分を白色で部分塗装しておいてよかったです。

ウェザリング ドライブラシ2 HEAD UNIT ①

ウェザリング ドライブラシ2 HEAD UNIT ②

 

ウェザリング ドライブラシ1 CHEST UNIT #62

 

 

 

CHEST UNITにドライブラシを行いました。 

今回のキットでも、エナメル塗料を使いました。

選択した色は、パーツ色別に白色と黄色がジャーマングレー、それ以外のパーツ色にはクロームシルバーにしました。

以前のキットでクロームシルバーの代わりにチタンシルバーを使いましたが、あまり目立たなかったのでクロームシルバーにしました。

ウォッシングもそうですが、ドライブラシも大好きなのでいつもやり過ぎてしまいます。やり過ぎに注意しながら少なめにほかのUNITも行います。

写真には写っていませんが、マシンキャノンもしっかりとドライブラシしました。

ウェザリング ドライブラシ1 CHEST UNIT ①

ウェザリング ドライブラシ1 CHEST UNIT ②

 

ウェザリング ウォッシング7 WEAPONS #61

WEAPONSにウォッシングを行いました。

SHIELDは全体的に、TWIN BUSTER RIFLEはデカールの部分を中心にウォッシングを行いました。

今回自作したウォッシング塗料は、ウォッシングを行ってもしっかりスミ入れは残っているので、ちょうどいい濃度だったと思います。

ここまでのCHEST UNITからWING UNITSまで確認しましたが、パーツのひび割れはありません。

スミ入れやウォッシングでエナメル塗料を使わなければひび割れは大丈夫そうです。

この方法でこのままひび割れが発生しなければ、ドライブラシ以外でのエナメル塗料は使わないようにしようと思います。

ウェザリング ウォッシング7 WEAPONS

 

ウェザリング ウォッシング6 WING UNITS #60

WING UNITSにウォッシングを行いました。 

面積が広すぎてウォッシングに2時間以上かかりました。

ウォッシングの濃さを調整するため何度もアクリル溶剤でふき取りをしていたら、いくつかのデカールが無くなってしまいました。

デカールは破損したというより溶剤で溶かしてしまってなくなってしまったというかんじです。

ウォッシングを行っていない箇所をなくすためWINGは開いた状態で行いました。

ウォッシング後にWINGを可動させて閉じてみましたが、稼働に問題なさそうで安心しています。

ウェザリング ウォッシング6 WING UNITS ①

ウェザリング ウォッシング6 WING UNITS ②

 

ウェザリング ウォッシング5 WAIST UNIT #59

WAIST UNITにウォッシングを行いました。 

スカートの中もしっかりとウォッシングはしましたが、色が同系色なのであまりわかりません。

ウォッシングも難しいですが、撮影も難しいですね。

肉眼で見るとちょうどいいと思って撮影しますが、撮影するときにちょっと暗かったので、スマホのカメラを明るめに設定して撮影したら「ウォッシングしたの?」という感じになります。どっちに合わせるか毎回悩みます。

筆者の中では前回のキットの『M ガンダムエアリアル』の撮影はうまくできたと思いますが、肉眼で見ると濃すぎる感じです。

ウェザリング ウォッシング5 WAIST UNIT ①

ウェザリング ウォッシング5 WAIST UNIT ②